リースバックと不動産買取

このページでは、不動産リースバックと不動産買取との比較について解説しています。それぞれの違いを把握した上で、ご自身にあった最適な資金調達方法を選択しましょう。

リースバックと不動産仲介

まずは結論から

不動産リースバックと不動産買取を比較した場合、売却額(買取額)は若干、不動産買取のほうが高くなる可能性がありますが、その分不動産リースバックには「自宅に住み続けられる」「再購入ができる」というメリットがあります。両者で迷った場合は、査定を取って差額をみて結論を出すのが良いと思います。物件によっては不動産リースバックの査定額と同じか不動産リースバックのほうが高くなるケースもありますので、きちんと数社の査定を取った上でメリット・デメリットを考慮し決めることが重要です。

リースバックは比較が重要な理由

不動産買取とは?

ご夫婦

不動産買取について教えて下さい。

管理人

はい。不動産買取とは、自宅等の所有している不動産を不動産会社に売却する方法を指します。不動産会社が買い取りますので、仲介で一般の方に売却する場合と比べて売却金額は低くなります。

ご夫婦

なぜ不動産会社さんが買い取ると売却金額が低くなってしまうのですか。

管理人

はい。不動産会社は買い取った不動産を必要な修繕や付加価値をつけるリフォームをした上で販売します。これらの経費や税金などの保有コスト、人件費や広告宣伝費に自社の利益を加えて買取価格を決定しますので仲介で売却する場合と比べて売却価格は低くなってしまうのです。

ご夫婦

なるほど。一般の方に売却する場合と違って、不動産会社さんは再販売をされるからなんですね。不動産買取をお願いすると、どのくらいの期間がかかりますか。

管理人

はい。不動産買取はだいたい2週間~1ヶ月程度で完結しますね。これはリースバックにかかる期間と同じです。

ご夫婦

リースバックも不動産会社さんに買い取ってもらうから同じくらいなんですね。不動産買取はどんな方たちが利用されているんですか。

管理人

はい。1ヵ月程度で完結しますので、早急にまとまった資金を得たい方や、初期費用を投じてリフォームをしてから売却活動をするのが面倒だと感じる方、購入希望者の案内が入るたびに対応を迫られるのが煩わしいと感じる方などに利用されています。リースバックを利用される方たちとの違いは、売却後は自宅に住み続けたいという希望がない方が不動産買取を選択されています。

ご夫婦

なるほど。私たちはできれば売却後も住み慣れた今の自宅マンションに住み続けたいのですが、リースバックと不動産買取の比較で一体どれくらいの差額が発生するのか気になっていました。それでおまとめ査定を利用して不動産買取とリースバックの差額がどれくらいあるのか知ろうと思い、ご相談させていただきました。

管理人

ありがとうございます。そうですね。当サイトの【おまとめ査定】では、仲介・買取・リースバックの査定金額とかかる諸費用が一度のお申し込みで最大5社まで分かります。お客さまのようにきちんと比較検討をした上で決めたいとお考えの方にご好評を頂いております。

         

ご夫婦

安心しました。是非、利用させて頂こうと思います。

不動産買取で売却するメリット

ご夫婦

不動産買取のメリットについてもう一度教えて下さい。

管理人

はい。不動産買取で売却するメリットは下記のような感じになります。

不動産買取で売却するメリット
  • 1か月程度で資金を調達できる
  • リフォームなどは不要。現状のままでOK
  • 仲介手数料がかからない
  • 手間がかからない

不動産買取で売却するデメリット

ご夫婦

デメリットについても教えて下さい。

管理人

はい。デメリットは下記のような感じになります。

不動産買取で売却するデメリット
  • 仲介で売却する場合よりも買取額は低くなる
  • 引っ越さなければならない(引っ越し費用がかかる)
  • 再購入はできない
管理人

このようなメリット・デメリットが不動産買取にはあります。不動産買取を選択する方は、スピーディーに売却したいという方が大半です。仲介だといつ売れるか分からないし、手間がかかる。築が古い物件になるとなおさらです。それらのことを負担に感じる方も少なくありません。仲介に比べると買取金額は低くなりますが、煩わしい悩みを早く解決したい。仲介手数料がかからないことを含めて考えると、思ったより仲介との差額は少なかった。この金額でスピーディーに売却できるならと考え、不動産買取を選択します。意外に思われるかもしれませんが、様々な事情でこのように考える方は結構いらっしゃいます。

ご夫婦

なるほど。確かに仲介手数料がかかるか、かからないかというのは大きなポイントになりそうですね。金額は査定を取ってみないと分からないので、おまとめ査定を利用してなるべく最小の労力で私たちに合った売却方法と不動産会社さんを探したいと思います。

不動産リースバックとの比較

管理人

不動産リースバックと不動産買取の違いは下記のような感じになります。

不動産リースバック不動産買取
売却価格不動産仲介の50%~80%程度不動産仲介の60%~80%程度
仲介手数料不要不要
転居不要(自宅に住み続けられる)必要
再購入できるできない
売却期間2週間から1ヶ月程度2週間から1ヶ月程度
手間かからないかからない
家賃相場より割高になる可能性がある相場の家賃で借りられる
ご夫婦

「自宅に住み続けられる」「再購入できる」という権利があるリースバックは私たちにとっては安心感があってとても魅力的に感じますが、あとは査定を取って許容範囲内の査定金額が頂けるかどうかということになりそうです。これから【おまとめ査定】を申し込みますが、また不明点が出た際にはご相談させて下さい。今日は、ありがとうございました。

管理人

ありがとうございます。これから比較検討をされていく上で、またご不明点がございましたら【無料事前相談】も承っておりますので、お電話やメールなどでお気軽にご相談頂ければと思います。中立の立場で忖度のないアドバイスをさせて頂きます。本日はありがとうございました。

リースバックは比較が重要な理由

リースバックと不動産仲介

【検討者向け】不動産リースバックを利用する7つのメリット