【簡単4ステップ】不動産リースバックの流れ

このページでは、不動産リースバックの流れを解説しています。利用する会社ごとにかかる日数などに多少の違いはありますが、おおむね下記の通りで進行します。
全体的なスケジュール感を把握した上で、不動産リースバックを利用するかどうかの判断材料にしましょう。

まずは結論から ~不動産リースバックの流れ~

ご夫婦

リースバックの流れについて教えてください。

管理人

はい。リースバックを利用しようと思った場合、おおむね下記のような流れになります。

不動産リースバックの流れ
  1. 電話やメールで相談・問い合わせをする
  2. 机上査定(メールや電話で査定結果を確認します)
  3. 面談・現地確認後に買取金額や契約条件の提示があります
  4. 契約・決済(売買代金が振り込まれます)
ご夫婦

なるほど。なるべく早く資金が必要なのですが、期間はどれくらいかかりますか。

管理人

はい。リースバックにかかる期間ですが、上記①から④まで早くて2週間~おおよそ1ヵ月前後の期間がかかるものと思って下さい。

ご夫婦

なるほど。そのくらいの期間で売却できると助かります。

管理人

では詳しく見ていきましょう。

①電話やメールなどで相談・問い合わせをする

ご夫婦

まずは相談や問い合わせをするんですね。

管理人

はい。電話もしくはメールなどで、現在の状況や要望を伝えます。査定の申し込みではないので、気軽に問い合わせをしてみましょう。不動産リースバックの利用可否についてや、質問程度で問い合わせをしても全く問題ありません。その後しつこい営業をされたりといったことをご心配される方が時々いらっしゃいますが、当サイトでおすすめしているおまとめ査定ではそういったことは皆無ですので、ご心配は不要です。

ご夫婦

なるほど。ちょっと気になっていましたがそれなら安心です。

管理人

この時点で、何か希望条件があれば伝えておいたほうが後々スムーズです。たとえば、希望金額や将来的に再購入を検討しているなどです。当サイトでは不動産リースバックを利用すべきかが分かる【診断テスト】や、無料事前相談を承っています。

いきなり査定を申し込むのはちょっと・・という方はお電話やメールなどで無料事前相談をされてから査定を申し込まれても良いと思います。

ご夫婦

面倒なこともなく無料でご相談できるならいいですね。再購入についてなどいくつか気になっている点がありますのでご相談で考えをまとめて整理してから査定の申し込みをしてみようかと思います。

管理人

そうですね。

急に自宅を売却することに決めたけど、どういう方法があるのか分からないし、なんとなく不動産会社には怖いイメージがある・・顔の見えない相手に個人的な事情を話すのは気が引ける・・長年実務に携わってきてこのようなお声を頂くことは多く、すごく良く分かります。

不安を抱えている方に、少しでも安心して正確な判断をしてほしい!との想いから無料事前相談を行っています。強引なご提案やしつこいセールスなどは一切いたしません。中立の立場でなるべく分かりやすく真剣にをモットーにしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ご夫婦

宜しくお願いします。

②机上査定

管理人

相談・問い合わせをした内容を元に、机上査定結果が電話やメールなど希望した方法で届きます。ここで金額や契約条件を確認します。机上査定なので、現地確認の際に金額は多少変動する可能性がありますがこの時点で希望金額と大きく乖離している場合や、他の会社より著しく金額や条件が低い場合は現地確認をお願いせずに終了となります。

ご夫婦

なるほど。いきなり対面でお会いするというのも買い叩かれてしまうのではないかという不安があったものですから、こちらの判断で自宅に来てもらうのかどうかを決められるのなら安心できます。

管理人

そうですね。ポイントは必ず複数社の査定を取って比較検討することです。リースバックの査定では極端な事例は減ってきておりますが、まだまだ不動産会社によって買取金額や家賃・契約条件にはかなりの幅があります。複数社の査定が必要だと分かっていても時間に限りがある中で1社1社査定の申し込みや対応をするのは想像以上に疲れます。サラリーマン時代にそのようなお声を頂くことが多かったので、当サイトでは【おまとめ査定】【無料事前相談】を行っております。

不動産・リースバック会社によって得意・不得意な物件・取扱いエリアがあるため当然ですが買取金額や契約条件は異なってきます。そのため、数社に査定を依頼し比較検討した上でお願いする不動産会社を決定することが不動産リースバックでは重要になるのです。

リースバックは比較が重要な理由

他サービスとの比較

③面談・現地確認後に買取金額や契約条件の提示があります

管理人

机上査定の金額に納得できたら、現地確認になります。担当者が自宅に来て、所有者の確認などをします。仲介で売却する場合と違い、細かな設備の動作確認などはあまりありません。第3者に売却する場合は設備に重大な故障があったりすると、交換したりリフォームしてから売却活動となり修繕費用が発生しますが、不動産リースバックの場合は所有者が賃貸で住み続けますので、買取金額と契約条件の最終確認がメインで要する時間は1時間程度だと思います。

ご夫婦

なるほど。もう20年以上住んでおりますのであっちこっち壊れておりますが、お互い確認しておけば安心できますね。

管理人

そうですね。このような双方で合意したことをトラブル防止の観点から書面で残すのが契約書です。

ご夫婦

なるほど。口約束だとあとで言った言わないとなり、トラブルになりかねないですものね。納得できました。

④契約・決済

管理人

売買契約と賃貸借契約をします。場所は通常、不動産会社で行います。買取金額はもちろん、再購入する際の特約や家賃などについての希望条件がきちんと盛り込まれているかを確認後、調印します。時間的には2時間程度だと思います。重要な事項の説明がたくさんありますので、不明点は些細なことでも必ず確認するようにしましょう。契約が終わったら売買代金が振り込まれます。事前にどうするか決めておきますが、早ければ即日、遅くても数日で振り込まれます。これで契約手続きは終了です。お疲れさまでした!

ご夫婦

なるほど。今日はご相談させて頂いてリースバックの流れがだいぶ理解できました。これから【おまとめ査定】を利用しようと思いますが、また分からないことがでてくるかと思いますので、その際はご相談させてください。

管理人

良い売却が実現できるといいですね。また不明点がございましたらお電話やメールなどでお気軽に【ご相談】頂ければと思います。本日は、ありがとうございました。

契約・決済後は?

賃貸という形で新しい生活がスタートします。再購入を検討している方は手に入れた資金で問題が早く解決すると良いですね。そして予定通りに自宅を再購入できれば、不動産リースバックを利用して良かった!となります。予定が未定の方も不動産リースバックを利用して良かった!となるように願っております。

【2021年最新版】不動産リースバックの全体像を知ろう!

コロナ渦で話題の不動産リースバックとはどんな仕組み?